フェイスライン

皮膚の乾燥の因子の一つである角質細胞間脂質と皮脂分泌の縮小は、アトピー性皮膚炎患者のように遺伝的な要素によるものと、逃れようのない年齢や基礎化粧品などによる後天的要素に縁るものの2種類があります。
メイクの利点:自分自身の顔を少し好きになれること。顔に点在している面皰・くすみ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷を隠せる。時間をかけて素敵になっていくドキドキ感。
下半身は心臓から離れているため、重力が影響してリンパ液の循環が悪化するのが通常だ。むしろ下半身が浮腫むのは、リンパがわずかに停滞していますよというしるし程度のものだと受け取ったほうがよい。
メイクアップの欠点:涙が出たときにまさに修羅のような顔になってしまう。うっかり多くなってもケバケバしくなったり自爆する羽目になる。顔の造形をごまかすのにも甚だ苦労する事。
スカルプは顔の皮膚とつながっているため、おでこまでは頭皮と一緒だとみなすことはさほど知られていません。老化に従ってスカルプが弛んでくると、その下にあるフェイスラインのたるみの要因となってしまいます。
日本に於いて、皮膚が透き通るように白くて黄ぐすみや大きなシミの無い状態を好ましく捉える習慣が現代以前から浸透していて、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。
身体中に張り巡らされているリンパ管に並ぶようにして進む血の流れが鈍化すると、様々な栄養や酸素(O2)が移送されにくくなり、最終的には脂肪を定着させる元凶になるのです。
ここ日本において、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみやシミが見られない状態を好ましく捉える慣習が現代よりも昔から存在しており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるくらいだ。
化粧の良いところ:新しい商品が出た時の購買欲。自分のすっぴんとのギャップが愉快。いろんなコスメにお金をかけることでストレスが発散される。メイクそのものの知識欲。
美容とは、化粧や結髪、服飾などの手段で容姿をより美しく装うために形作ることをいう。この言葉、江戸時代には化粧(けわい)とほぼ同じように使われていたという記録が残っている。